フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2005

blogニュース

最近読んだ本

祈 日中友好

ネット上の人たち

更新ブログ

« 「住民基本台帳カード」をつくって、「公的個人認証」を試してみませんか? | メイン | NHKスペシャル「“グーグル革命”の衝撃」 »

またキーボードを注文してしまった。

親指シフトのキーボードとみるとやみくもに欲しくなってしまうわけで、もう20年来の親指シフト利用者なんですね。 DOSベースのPC98M2なんて機種を使ってパソコン通信をしている頃、 いちおうローマ字のタッチタイピングができるようになってこれで安心?と思っていたら、 ある日人がしゃべるのをキーボードでそのまま記録をとっている人をみかけて仰天して、 オアシスのワープロなんて一度も使ったことがないのに親指シフターに転向しました。

以来20年、Dos用のASCIIBoardを2台、Mac用PinappleにRboardも2台、 Windows用はKB211に611、RboardPro、 KB661それに今使っているKB231とデスクトップ用だけで国内発売のほとんどの機種を揃えて、全部で10台以上かな? 他にオアシスポケットとかノートパソコンのMC2/40や現役のMG830/S、auユーザーでもないのに携帯用のキーボードも購入して、 かなりの金額と時間を親指シフトのキーボードに費やしています。

早く打てるということよりも、思考を妨げないキーボードということで、 これなしにはまったく考える力もありませんという状態なのですが、 最近はめっきり利用者も減っているようで情報が入ることが少なくなっています。

ただそうした数少ない情報入手先のひとつに名古屋のShop-Uというキーボード専門店があって、 そこの店長が折りたたみ式キーボードを親指シフト用に改造したという記事をみたので、 これはもう注文するしかない、ということで発注しちゃいました。まだW-Zero3(es)では使えないようですが、 うーん誰かなんとかしてくれそうな雰囲気ですね。正月そうそう喜ばしいことです。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143618/6772283

またキーボードを注文してしまった。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。