フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2005

blogニュース

最近読んだ本

祈 日中友好

ネット上の人たち

更新ブログ

« 大分のSNSがいくつか立ち上がり始めています。 | メイン | 地域SNSウォッチング »

デジタル放送の開始と個人情報

card01.gif  12月1日に私の住む大分市内でも地上波デジタル放送が開始されたそうである。我が家のテレビ (液晶もプラズマも買えず、じつは最後?のブラウン管)は昨年買い換えたので、地上波デジタルに対応しているのだが、 街中に住んでいる弊害でビル陰に入っており、自営の共同受信システムからテレビ信号が来ていることで、 この受信システムがデジタル対応にならない限り地上波デジタルの恩恵をうけることができない。 ま、 基本的にテレビをあまり見ないのでどうでもかまわないのだが、 このデジタル放送を受信するためにはB-CASカードというものをチューナーにつっこんでおかないといけない。 これは登録制になっていて、住所、氏名を登録をしておかないと、 どうも次回の更新の際にカードの再発行に支障をきたすようなことが記載されている。はっきりとは書かれていないが、 登録しておかないとテレビが映らなくなる事態も想定しないといけないような雰囲気である。 で、その登録カードのチェック欄に、 そのままNHKをはじめとする有料放送会社に、個人情報を通知してよいか確認をするチェック欄もある。 どうもデジタル化によって有料放送の受信状況を管理できる状況ができつつあるようである。  しかもテレビ放送のデジタルコピーは1度しかできないらしくメディアもそれ用のものを買ってこないといけないようだ、 アナログコピーは従来どおりらしいのだが、 どうもパソコンやインターネットの世界と違ってテレビのデジタル化の進行は視聴者にとって不便と不利益を同時にもたらしているような印象である。  恐竜のように絶滅しつつあるメディアの最後の悪あがきをみているようなのは私の気のせいか? MMj03653350000[1].gif

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143618/6772253

デジタル放送の開始と個人情報を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。