フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2005

blogニュース

最近読んだ本

祈 日中友好

ネット上の人たち

更新ブログ

« 2005年11月 | メイン | 2006年1月 »

miniSDカード512メガを買ってきました#

miniSDカード512メガを買ってきました#

1ギガ以上は大分市内では売ってないみたいです。 アプライドで512メガが4580円は秋葉並でした。 miniSDカードはいま2ギガまで出ているみたいですが、入手は難しいみたいです。とりあえず買ってきた512メガのカードを無事にシャーポンが認識したので、しばらくはこれでデータをいろいろ試して見ることにします。

藤野PHS

ぐぉ飲みすぎた。。。。

ぐぉ飲みすぎた。。。。

調子にのって飲みすぎました。 反省よりも「ハイチオールC」、二日酔いにはこれが効きます。

藤野PHS

三次会のみっちゃん

三次会のみっちゃん

まだまだもりあがってます。

藤野PHS

コアラ大忘年会でもりあがってます

毎年恒例の12月30日のコアラ大忘年会でした。  今年は嫁さんも連れて行きました。

ビンゴ大会ではなんと目玉の賞品券5000円分をゲットしてしまいました。うーん来年もよいことがあるかな?

コアラナイトでもりあがってます 藤野PHS

img006

img014

わいわいとおおいに盛り上がりました。このあと午前4時前ぐらいまで延々と飲んでました。

W-ZERO3で最初に買ったもの

W-ZERO3で最初に買ったもの

イヤホン端子が今風に平型になっていて、通常のイヤホンを使うにはアダプタがいります。ボタンは電話着信時の切り替え用みたいです。ベスト電器で千円でした。

藤野PHS

シャーぽんから投稿してみました。

シャーぽんから投稿

大分のトキハ前の光景です。

W-ZERO3から投稿してみましたが、屋外だと液晶がほとんどみえません、写真にもストラップの影が写ってしまっています。

ちゃんしたケースがないので、電話を取り損ねることが多く家族からは不評です。

さよなら京ぽん

1年半の間、京ぽんを使ってブログを更新してきましたが、

kyopon

いよいよ、明日からW-ZERO3に乗り換えます。ウィルコムの第二次抽選販売に家族4人分の名前で申し込んだら、 運良く当選しまして、さきほど我が家に私の分のW-ZERO3が到着しまして、今充電中なのです。 ここ一週間は友人が購入したモノを無理矢理に取り上げて、あれこれといじりまわしていましたが、 なかなか人のものだと細かい設定がしにくいのです。

本日でお別れの「京ぽん」はかなり使いでがあった、とっても面白い端末でした。モバイル用のパソコン、電子手帳、 PDAなどいろいろ使ってきましたが、数十台の累積のなかでも、最上位に位置する強力な端末でした。

さて、明日から、当モブログも未知の領域に突入しますが、さてどうなりますことやら?

 

杉山九州電気通信局長の講演を聞きました。

このあいだの別府湾会議でお会いした杉山九州電気通信局長さんの講演会を聴きに行きました。

僕のみたもの 京ぽんからの投稿 藤野 in PHS

「ユビキタスネットワーク社会と九州」という表題で、最初は総務省の進めている情報通信政策の話で型どおりだったのですが、 後半の九州のネットの活用状況がかなりすごかった。どうも九州中の地域サイトを見まくっているようで、ここのポータルはいまひとつとか、 どこの地域もポータル同士の連携がとれていないとか、Webで情報収集をした結果の、使いにくいところを切りまくっていました。 個人サイトの大半はリンクや検索に引っかかりにくいので、行政やプロバイダなどの大所が中心で、 私からは少し表面的な評価かなという印象がしたのですが、それにしてもかなりの時間をWebウォッチングに割いていることが感じられました。 運営側から催促されて地上波デジタルの話もされていましたが、 どうもご本人の興味の本筋はインターネットによる地域からの情報発信に関心があるという印象でした。

ピアノの発表会

日曜日はコンパルホールで次女のピアノの発表会でした。

僕のみたもの

京ぽんからの投稿 藤野 in PHS

5年目ともなると、和気藹々と楽しく演奏を聴くことが出来ました。

051218_1938001_1 

発表会の打ち上げでは、家族も演奏をします。某地元放送局のアナウンサーも熱唱しています。

北側大臣のタウンミーティングに行ってきました。

北側国土交通大臣のタウンミーティングに行ってきました。大分代表はNPO観光コアラで一緒に活動している玉ノ湯の桑野さんでした。

僕のみたもの

京ぽんからの投稿 藤野 in PHS

会場は撮影禁止でしたので、写真がありません。いまは大半の携帯にカメラがついているので、こうしたイベント会場では皆が携帯カメラを掲げるのである意味見苦しい、あとセキュリティの問題もあるのでしょうが、ブログなどを使って皆が情報発信をする時代なのですから、イベントなどでは撮影タイムを設けて、その場の状況がわかるようにする努力を主催者側が行うべきだと思いました。代表取材や主催者側とおぼしきカメラマンは写真を撮りまくっていましたので、なおさらでした。日本の政府のこうしたタウンミーティングに対処する姿勢について考えさせられました。

内容は、本筋は観光による地域振興を、実際は道路をはやくつくってくれとの陳情発言が目に付きました。観光振興を国土交通省が所管していることが問題なのかもしれません。